• Home フランチャイズは運営指導が受けられる

フランチャイズは運営指導が受けられる

お店を運営するにあたって、販売価格をどのように決めるのか、味付けをどのようにするのか、商品の配置をどのようにするのかがあります。もちろんそれらは好きな様に行っていいのですが、恐らく利益があまり出ないでしょう。お客さんの視点に立っているつもりでもあくまでも一個人の意見になってしまいます。同じように考えている人が来るとは限りません。フランチャイズの良い所としては、運営指導を受けることができることです。お金があり独立はしたいけれども今まで経営をしたことがないので運営ノウハウを持っていないことがあります。試行錯誤して行ってもいいのですがそれだとお金がどんどんなくなってしまいます。運営のプロが基本的な運営方法から、場面における情報などを提供してくれます。それを元に行っていくことで、当初からうまく経営を行うことができます。

フランチャイズだと事務指導が受けられ経営に専念

毎年2月から3月になると自営業者は行わないといけないことがあります。それは確定申告です。税金の申告をして納税を行います。青色申告を行うには帳簿の作成が必要ですが、経理の知識がないとこの作業だけでも大変です。とても経営どころではない人もいます。毎年2月から3月にかけては売上が落ちてしまう場合もあるようです。フランチャイズを利用していると本部から経営に関する指導を受けられる場合があります。経営においては実際の経営の部分と、法的手続きなどがあります。人を採用すれば手続きが必要ですし、知れがあれば経理などの手続が必要になってきます。これらの方法について教えてもらったり、場合によっては提出書類についてはある程度資料を用意してくれることもあります。経理の情報などは仕入れや販売をコンピュータで管理しているのでそれらの情報が使えます。

フランチャイズは仕入れ価格が安定している

小売店であれば商品を仕入れて販売します。飲食店なら材料を仕入れて販売します。個人で経営をする時どうしても仕入れる量が少なくなります。そのため仕入先からはあまり有利な条件で仕入れることができません。単価が高いのはもちろんですし仕入れ代金の支払いに関しても厳しい条件の場合があります。資金繰りに苦労するのです。フランチャイズを利用する場合、仕入れに関しては業者を指定して利用できる場合があります。個人で契約しているのではなく本部で一括して契約をしているので、1店舗の仕入れ量は少なくても多くの店舗においては非常に多い仕入れになっているのでしょう。価格に関しても本部が交渉をしてくれているので割安で支払い条件も悪くはありません。その代わり自分で仕入先を開拓したりすることは難しくなります。本部の指示したところを利用します。