# 横断幕を製作すること

応援の際に横断幕を持っていくことがあります。製作を行っている専門の業者もあるのです。キレイな仕上がりとなるので、好む人もたくさんいます。自作をすることも可能となっているのですが、自作のものでは満足できる仕上がりにはならないということがあるのです。そこで専門業者に依頼をすることとなります。横断幕を発注する際には、どのような用途で使うのかということも伝えておく必要があります。応援の際に使うのであれば、邪魔にならないように配慮をすることも必要となるのです。だからこそ、サイズの確認もしっかり行っておく必要があります。製作をするとコストもかかりますが、その分自作では感じることができないような、ハイレベルのものを手にすることが出来るのです。専門家に依頼をするメリットというのもあるのです。コストが気になるのであれば見積もりを依頼することも可能です。

横断幕を製作したこと

私が高校を卒業してから、間もないころでした。高校の時に同じクラブに入っていた子に、横断幕に字を書いて欲しいと頼まれました。私は書道を習っていて、それなりの字は書けていたと思います。その子も、その事を覚えていてくれ、筆で書いて欲しいとの事でした。岸和田に住んでいたので、だんじり祭りの時に使うからと、大役を任されました。大きな布に書く事は初めてで、製作している時は、ずっと近くで見られていたので、とても緊張したのを覚えています。どんな言葉を書いたのは覚えていませんが、貴重な体験が出来ました。本当は、クラブの幕とかを見ていて、一度は書いてみたいと思っていたので、意外な形となりましたが、夢が叶って良かったです。急な事で練習もすることなく、一発勝負となったので、字は上手くなかったと思いますが、満足してくれました。

横断幕を製作したときの思い出

以前、私が働いていた会社には、バレーボール部がありました。男子のチームだったのですが、定期的に試合があり、その都度みんなで応援に行っていたんです。私が新入社員だったころ、応援の際に使う横断幕を新しいものに変えようという話が出ていたんです。ちょうどそのときに入社したので、横断幕を新たに注文する過程も見ることができました。社員が集まって、さまざまなアイデアやデザインを出し合い、まずはその中でいくつか候補を絞ったんです。後悔のないように、妥協することなく時間をかけてデザインを決めたことをよく覚えています。デザインが決まった後は、いつもお任せしている業者さんに連絡をして、製作してもらいました。注文した後は思っていたよりも早く完成した記憶があります。それからは、新しい横断幕をかけて応援していました。チームも勝利することが多く、とてもよい思い出になっています。